prologue   中園建築ご提案する暮らす家スタイル

chapter01 アメリカンスタイル
        
chapter02 ナチュラル&カントリー

chapter03 和

chapter04 暮らす家ベーススタイル






prologue

中園建築がご提案する暮らす家スタイル




「そろそろお家がほしいな」



「どんなお家にしようかな」



最初は漠然とした夢や形を持ちながら、お家づくりを始めると思います。
そこからいろいろとお家の事を調べたり、本を見たりしながらお気に入りのお家の完成に夢を膨らませる時期でもあると思います。




中園建築では、全て自由設計のフリープランのお家づくりをしています。





好きなお家スタイルを具体的に形にするまでにいろいろ考えすぎて、いろいろ見すぎて、どんなお家にしたいのかわからなくなってしまったとお客さまからご相談を受けることがあります。




そうなってしまうと、楽しいお家づくりのはずが、ちょっぴり嫌になってしまうことも…。




そのような経験からお家づくりは楽しくなくては!と思い








そうした楽しいお家づくりへのお手伝いと、お気に入りのイメージを具体化するきっかけとして、中園建築は暮らす家3スタイルをご提案させていただきます。








このページのTOPへ

Chapter01


Chapter01

アメリカンスタイル




西海岸のカルフォルニア風の暮らす家アメリカンスタイル。



玄関前は屋根のあるひろびろテラスデッキ、広いリビングでは家族みんなほのぼの団らんできます。リビングを通って各部屋に行くので家族を近くに感じることができます。



パパの土間では、趣味の自転車整備をしたりギターを弾いたり、ガンプラをつくったりと毎日頑張ってるパパだけのスペースです。



ママの土間では、仕事を終えて家事を終えて、やっと一息つけるママだからこそ、小窓から外の見える小さなカウンターでコーヒーを飲んだり、雑誌を見たり、ママの好きな物を置いてくつろげるスペースに。ママだけの特別なスペースです。



キッチン横に洗面室があるので、忙しいママの家事の効率がUP。小さな子供達でお風呂に入る時期は、キッチンに立っていても子供達の声が聞こえるので安心して夕飯の用意ができます。



家族が一緒でも、一人一人でも
クラシタノシム中園建築の暮らす家アメリカンスタイルです。





このページの先頭へ



Chapter02

ナチュラル&カントリー






こげ茶色の屋根に木枠の小窓、かわいいテラスデッキに玄関は木のドア。
中園建築の暮らす家ナチュラル&カントリースタイル。



家の中心はひろびろリビング。キッチンからみんなの様子を見ることができます。



幼いころは子供部屋の仕切りがないままひろびろワンルームでやんちゃな子供達ものびのび遊ぶことができます。大きくなったら仕切りをつけて別々の部屋に。自分好みに部屋で、勉強したり趣味のことをしたり。クローゼットも各部屋についてるからOK。



リビング横には中2階に行ける階段が。しっかりした階段なので子供が走っても、重い荷物両手に抱えて上がっても安心です。使い方いろいろできる中2階です。




家族が一緒でも、一人一人でもくらしほのぼの中園建築の暮らす家ナチュラル&カントリーです。



このページのTOPへ


Chapter03






コの字型の間取りで落ち着いた和のすまい、中園建築の暮らす家和スタイル。



お部屋のまわりをぐるりと縁側テラス。天気のいい日は縁側テラスでおにぎりだけでもおいしいランチになりそう。夕食後のお茶も夜空を眺めながら。




冷蔵庫や食器棚が見えてしまうとお気に入りのキッチンに生活感が…。隠し扉が付いてるからお客様が見えた時にはささっと閉めておしゃれなキッチンに。



コの字型間取りだからどの部屋からも中庭が見えます。花火やプールはもちろん、お友達も誘ってバーベキューもいいですね。テントを張って子供たちは夜空を見ながらお家キャンプでもいいかも。食べすぎたり、飲み過ぎた大人たちは畳でゴロン。あぁおなか一杯〜なんて声が聞こえてきそう。




玄関を入るとリビングへ行くドアと、玄関収納がある家族玄関の扉が。お客様が来る玄関は常日頃きれいにしておきたいもの。家族玄関だったら子供の汚れた靴や小さな子が好きな長靴、じいちゃんの畑仕事の長靴、パパの頑張ってる仕事の靴、何でもこいです。



家族玄関から洗面室へと行けるので、いっぱい遊んで汚れた服や夜遅くまで頑張った部活の練習着、頑張った証の仕事着など着替えてからリビングへ行けるので、自分もお掃除するママも気持ちがいいです。




家族が一緒でも、一人一人でもなごみあるくらしの中園建築の暮らす家です。

このページのTOPへ

Chapter04

Chapter04

暮らす家ベーススタイル





もちろん楽しい家づくりのきっかけとしての自由設計のフリープランですが、3スタイルを大まかなベーススタイルとして、お客さまのライフスタイルに合わせたプランデザインをお話ししながら、世界に一つだけのお客さまスタイルのお気に入りのお家を一緒につくりあげていきます。



部屋の数、間取り、窓の大きさや形、生活動線、風の通り道はもちろんの事







アールの入り口や白い壁にあう無垢の木の小さな棚、色ガラスの格子窓に無垢の木のテーブルやベンチ、タイルのキッチンや洗面カウンター、ヴィンテージ風のフローリングや梁など、お家を建てるなら「こんなことしてみたいな」と思いことはどんな些細なことでもご遠慮なくお話し下さい。できる限りお客さまの想いを実現できるようなお家づくりを行っています。








そうして、お気に入りがたくさん詰まったお家ができることで、好きな物や好きな事ができ、ちょっとした時間を使って家族それぞれが好きな事を楽しめる良い空間になります。



お気に入りを感じられるお家にすると、暮らしに楽しさをプラスしてくれます。




また
家族を守り快適に過ごせることも大切なことです。




ー家族を守る暮らす家ー



完成してから見えなくなる骨組の強さ(構造強度)や地震台風などの自然の力に耐えられる強さ(耐震強度)がお家の基本になります。







骨組は国産材にこだわった骨太の設計をします。







骨組の設計は一級建築士(社長)である私が木造建築をつくり続けてきた実績を経験から骨組の組み方、骨組の木材サイズなどを一棟づつ総合的に丁寧に考えながら骨太のお家になるように設計しています。



骨組構造の設計は間取りのプランニング段階から並行して考える必要があります。
間取り先行で決めると、どこか構造的に無理になったりと設計者として気になるところが出てくる場合があります。







設計から実際に現場での施工を一貫して行うようにしているのも、建築士でもあり工務店社長でもある私のこだわりです。




また、耐震等級、長期優良住宅を使い耐震性の表示とご提案を行い、耐震骨太構造に制震装置(地震動を吸収する)をプラスして地震時の揺れを少なくするご提案も行っています。




ー快適に過ごす暮らす家ー



快適に過ごす要素として、使い勝手の良い生活動線、風の通り道や光の当たり具合いなどの生活環境、その他にも断熱、省エネの性能も大切な快適要素の一員になります。



生活動線や通風採光などは、設計プランニング時に一緒にゆっくり考えながらすることで、お客さまにとってもどんな感じになるか想像しやすいところだと思います。


完成してから見えなくなるところである断熱性、省エネ性は、お客さまにとってわかりにくいところであると思います。



わかりにくい断熱省エネ性能は、お家の省エネ性を☆の数で表示するBELS(ベルス)や断熱等性能等級などを使いご提案しています。





このようなすべての想いから、お客さまが楽しいお家づくりを始めていただけるように、暮らす家スタイルをご提案させていただきます。



ご興味のある方は、お気軽にお問合せいただければ幸いです。



・お問合せフォームはこちらへ

・メール(nakazonokentiku@yahoo.co.jp)

・電話(0978)-32-1736にて随時お待ちしております。


皆様のお家づくりが楽しい時間となりますように。



このページのTOPへ




copyright©2011 nakazonokentiku all rights reserved.


| HOME | 暮らす家 | 暮らす家スタイル |社長あいさつ | お家ができるまで | 仕事集works | 土間を楽しむ。| 小屋DAYS | アクセス |
|MEDIA| イベント九州の木でつくるワークショップ | ワークショップ予約申込フォーム |無料相談会フォーム | お問合せフォーム |
| Inst nakazonokentiku2 | Inst tama_nakazono | Inst nakazonokentiku | Inst koyadays | amebablog |