2019/06/22
九州の木でつくるワークショップ17無垢の木でつくる可動式シェルフ





九州の木でつくるワークショップ17無垢の木でつくる可動式シェルフを開催致しました!

いつもはインパクトを使うことが多いのです、今回は釘とかなづちを使って作りました。いつもより難易度が高くて、私たちが試作をつくるのにもだいぶ時間がかかりました。



まずは下の箱から作り始めます。
支えに柱のきれっぱしを使いながら、トントントントン組み立てていきました。

釘を打つところに穴をあけているので、まっすぐ打ちやすかったと思います。




可動式なので、上の板はダボが通るので切込が入ってます。








背をつけて下の箱が出来上がりです!
続いて上の箱を作り始めます。



だんだん完成が近づいてきました。











トントントントン1時間近く頑張って、無事に完成です!





可動式なので、コーナーに置いたりもできます。



塗装をしたらイメージがまた違って楽しみも増えます。



みなさん大変お疲れ様でした。
またご興味のあるワークショップがありましたら、お気軽にご参加して下さい。お待ちしております。










copyright©2011 nakazonokentiku all rights reserved.